史上最年少、2才の少女が人体冷凍保存される

Text by

  • 8
facebook/Matheryn Naovaratpong

facebook/Matheryn Naovaratpong

2才のタイの少女Matheryn Noavaratpongちゃん(写真)が、人体冷凍保存されることになった。2才という幼い子供が冷凍保存された例はこれまでになく、今回が史上最年少となる。

未来の医療技術を頼みに

Mathrynちゃんは脳腫瘍を患っており、これまで何度も手術が行なわれていた。だがその甲斐なく、植物人間状態になってしまったそう。両親は、未来の高度に発展した医療技術がMathrynちゃんの病気を治癒してくれることを願い、子供の人体冷凍保存を希望。そして、生命維持装置を切ったという。

米国アルコー延命財団が冷凍処置

人体冷凍保存を行なう団体は複数あるが、Mathrynちゃんの両親が依頼したのは米国のアルコー延命財団。同財団の技術者は、タイの病院で死亡と診断された直後のMathrynちゃんに冷凍前の処置を施し、米国アリゾナ州にある財団施設に送ったそう。

頭部のみの人体冷凍保存

人体冷凍保存には、全身を冷凍保存するものと、脳だけを冷凍保存するものの2種がある。今回のMathrynちゃんは脳だけが冷凍保存されたとのこと。両親は、未来人が子供(の脳)を蘇生させ、腫瘍を治癒し、さらに脳を入れる身体も用意してくれることを期待しているそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking