本物?和服を着たヒトラーの写真がネット上で話題に

Text by

  • 0
archive.moe/Anonymous

archive.moe/Anonymous

数日前からネット上に出回り始めた、和服を着たヒトラーの肖像写真が海外ニュースメディアを騒がせている。

ナチスの紋章入り羽織

問題の写真はすでに、ツイッターやあちこちの画像投稿サイトに出回っている。

下にあるのが海外ニュースメディアが掲載している写真と同じもので、「archive.moe」に匿名の人物によって投稿されていた画像だ。

archive.moe/Anonymous

ご覧のように、ヒトラーは着物に羽織を着て、手に扇子を持って写っている。

海外メディアによれば、羽織の紋は、鷲が羽を広げた形のナチスの紋章であるとのことだ。

1936年、日独防共協定締結時の写真か

当然のごとく、「偽物だ」「フォトショップのコラージュだ」などという声はネット上に多く上がっている。

だが、海外メディアの多くは、今年はじめに公開されたヒトラーの秘蔵写真の中の1枚ではないかと推測している。1936年に日独防共協定が結ばれた際に撮られた記念写真の1つである可能性が強い。

ちなみに、それらの秘蔵写真はこれまで公開が禁じられていたもので、ヒトラーのイメージとはかけ離れた、おどけた姿のヒトラーが多く写っているとのことだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking