【これはスゴイ】透明CDケースの工作で、スマホがホログラムプロジェクターに!

Text by

  • 9
YouTube/Mrwhosetheboss

YouTube/Mrwhosetheboss

立体的な映像が空中に浮かんで見えるホログラム。普通のスマホでもそれを見ることができるのだ。

その簡単な方法が、最近、YouTubeにアップされた。投稿者はMrwhosethebossというユーチューバー。彼は他にもエレクトロニクスガジェットを活用した様々なアイディアを投稿している。

透明CDケースを切って、貼って、プロジェクターの出来上がり

スマホ用のホログラムプロジェクターを作るのに必要なのは、使わなくなった透明CDケースとセロテープ、あとはカッターや定規、サインペン、型紙として使う方眼紙などだ。

投稿されたビデオには、投稿者が作った小さなプロジェクターの中にクラゲや蝶々が動く様子が映されている。

4つの台形を張り合わせて逆ピラミッド形に

ビデオには作り方がワンステップごとに詳しく説明されているが、要約して言うと次のようなことになる。

CDケースのプラスチック板から、カッターを使って、小さな台形(上辺1cm×下辺6cm×高さ3.5cm)を4枚切り出す。その4枚をテープで張り合わせて、逆ピラミッド形を作る。これで簡易ホログラムプロジェクターの出来上がりだ。

YouTube/Mrwhosetheboss

台形を切り出す際は、ビデオの説明にある通り、まず方眼紙で型紙を作るとよいだろう。

このプロジェクターをスマホの画面の中央に置き、ホログラム用に作られたYouTubeビデオを再生すれば、宙に浮かぶクラゲや蝶が見れるというわけ。

YouTube/Mrwhosetheboss

YouTube/Mrwhosetheboss

こんな簡単な仕掛けでホログラムが見れるのは、4つの面全てが透明であるかららしい。それぞれの面に反射した像が一度に見えるため、それが重なって立体を見ているような感じになるそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking