「理解を深めたい」セサミストリートに自閉症のキャラが登場

Text by

  • 5
sesameworkshop

sesameworkshop

セサミストリートに、自閉症の新キャラが登場した。その名はジュリア(Julia)、女の子だ。

Sesame Street and Autism


自閉症は避けるべき話題ではない

セサミストリートに登場するパペットたちは、どれも個性に溢れている。鳥やモンスター、吸血鬼までいる。だが、これまで自閉症のキャラはいなかった。

セサミストリートを制作する非営利団体「Sesame Workshop」のシニアディレクターは、自閉症キャラを登場させた理由について次のように語る。

「多くの親やその子供たちに、自閉症は避けるべき話題ではないということを、わかって欲しかったのです」

「もしあなたが5才の子供だったと考えてみてください。周りにあなたとアイコンタクトを取らない子供がいたとしたら、あなたは『あの子は私と遊びたくないからそうしてるんだ』と思うでしょう。でも(自閉症の子の場合)本当は違うんです」

「私たちは、自閉症に対する人々の理解をもっと深めたいと思っているのです」

Sesame Street and Autism


まずヴィジュアルメディアで展開

自閉症キャラ「ジュリア」は、電子絵本やアニメーションビデオをはじめとしたヴィジュアルメディアで現在展開中。自閉症の子供たちは、TV番組より、こうしたヴィジュアルメディアに興味を引かれやすいからとのこと。

Sesame Street and Autism

もちろんマペットとしての登場も予定されている。残念ながらその姿はまだ公表されていないが、彼女のイラストがどのような人形になるのかを想像すると楽しみだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking