大気汚染の中国に「きれいな空気」料をチャージするレストランが出現

Text by

  • 0
flickr/David Barrie

flickr/David Barrie

大気汚染が深刻化している中国に、「きれいな空気」料をチャージするレストランが現れた。

1組の客に一律1元のチャージ

中国江蘇省張家港市のそのレストランで食事をすると、伝票に「空気浄化費」という名目で1元が加算される。

最近深刻化しているスモッグに対応するために同レストランは最近、高性能の空気清浄機を設置した。その設備費を客に転嫁しようとしたらしい。

きれいな空気を提供するのだからその分お金を払え、というわけだろう。

市当局からは中止命令が

この珍しいチャージを発見した客が市の消費者センターに訴えたため、ことが公になり、市当局はレストランに対して「空気浄化費」のチャージを止めるように命令したとのこと。

市当局によれば、中止命令を出した理由は「浄化されたきれいな空気を商品として売ることはできないから」だそう。

ネットにはチャージ歓迎の声も

きれいな空気で代金を取ることに不満な客がいる一方、ネット上にはチャージを歓迎する声も多いと海外メディアは伝えている。

チャージに賛成派は、「1元(約18円)でいい空気が吸えるなら安いものだ」と考えているようだ。

中国版ツィッターと言われるソーシャルメディアWeiboに、このような書き込みがあるという。

「きれいな空気料をチャージすることに、何の問題もないのでは。食事の環境がその店の格と値段を決めるわけだから」

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking