世界気象最新レポート:2016年も記録的に暖かくなりそう

Text by

  • 0
flickr/NASA's Earth Observatory

flickr/NASA's Earth Observatory

世界気象機関(WMO)が推進する世界気象監視計画の協力機関であるイギリス気象庁が、来年の世界的な気温に関する最新レポートを発表した。

それによると、2016年はこれまで以上に「暖かい年」になりそうだ。

今年の世界平均気温は過去最高に

今月半ばにイギリス気象庁から発表された来年の世界平均気温の予測は、20世紀後半と比べて0.72度〜〜0.96度高くなるというもの。

昨年の2014年は世界的に見て、過去最高に暖かい年だった。そして、終わろうとしている2015年もそれ以上に暖かい年になることがほぼ確実だ。

レポートによれば、「来年は2015年と同じか、それ以上暖かくなるだろう」とのこと。

地球温暖化とエルニーニョの影響で

来年も暖かい年になるのは、エルニーニョの影響が大きいらしい。

エルニーニョは赤道付近の海水温度が異常に上昇して起こる気象現象で、各地に大雨や干ばつをもたらすと同時に、地球全体の温度も上昇させるといわれる。

また、温室効果ガスによる地球温暖化も、地球全体の平均気温を押し上げている原因だとレポートは伝えている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking