英国会議事堂前でバスが爆発炎上、テロではなくジャッキー・チェンの映画ロケと判明

Text by

  • 0
flickr/Will Russell

flickr/Will Russell

英国国会議事堂のすぐ目の前にあるランベス橋で、7日午前8時すぎ、2階建てバスが轟音を立てて爆発炎上し、ロンドン市民を驚かせた。

ジャッキー・チェンの新作映画ロケ

実はこの爆発、ジャッキー・チェンの新作映画「The Foreigner」のロケだった。

ロンドン市当局は、ロンドンを訪れている旅行者向けに、これが映画ロケであることを告知する文書を事前に配布していたが、 地元住民の多くはロケであることを知らなかったようだ。

(ヘイ、映画の人たち、この次ランベス橋でバスを吹っ飛ばす時は、公園の子供たちがパニックにならないように、最初にそう言ってくれた方がいいんじゃないか?)

(どうしてロンドン当局はランベス橋でバスが爆発することを教えておいてくれなかったんだ? 人々を怖がらせないようにする方がいいに決まってるだろう?)

(ランベス橋の近くを通りかかったとき、こんな様子を見た。映画撮影と分かるまでは不安だったよ)

ジャッキーがテロリストと戦うストーリー

映画「The Foreigner」は」、ロンドンの中華街でレストランを経営する主人公(ジャッキー・チェン)が、自分の娘を殺害したテロリストに復讐するという話だ。

テロリスト役をピアーズ・ブロスナンが演じるということ以外、詳しいことは公開されていない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking