ムーミンのアニメ新シリーズがやってくる!スウェーデンの映像プロダクションが制作開始

Text by

  • 1
ムーミン公式サイト

ムーミン公式サイト

ムーミン谷で、ムーミンたちの新たな冒険が始まる。

1945年にトーベ・ヤンソンが生んだキャラクターたちをフィーチャーした新シリーズを、スウェーデンの映像プロダクション「フィルムランス・インターナショナル」が制作開始した。

トーベの姪が主導

ムーミンの原作者は、フンランドの作家/画家であるトーベ・ヤンソン。彼女が生んだムーミン谷のキャラクターたちは、1990年代に、多くのテレビアニメや映画になり、日本では現在でもキャラクターグッズが人気だ。

2001年に亡くなった彼女に代わって、今、ムーミンをプロモートしているのは、姪のソフィア・ヤンソン。

彼女はムーミンのアニメ新シリーズについて、次のように語る。

「フィルムランス・インターナショナルの素晴らしいクリエイティブチームと仕事をする機会が持てるのは、非常に嬉しいことです」

「新シリーズは、トーベのオリジナルキャラクターとストーリー尊重しつつも、これまでにない新しい何かが付け加わったものになればいいと期待しています。フィルムランスのクリエイティブチームなら、きっとそれを実現してくれるでしょう」

アカデミー賞監督を起用

新シリーズを監督するのは、イギリスのクレイアニメーションシリーズ「ウォレスとグルミット」(「ひつじのショーン」のスピンオフ元)でアカデミー賞を取ったスティーブ・ボックスだ。

また、エミー賞にノミネートされた有名脚本家や、BBC放送などで活躍中のストーリ & キャラクター コンサルタントらが、制作スタッフとして名を連ねている。

これまでとは違う、ムーミンの新しい魅力が出てきそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking