【ブラジル】飲み屋で酒を飲んだサルが、包丁を振り回して客に凄む珍事件が発生

Text by

  • 0
YouTube/Jozivan Antero

YouTube/Jozivan Antero

地元の飲み屋でサルが酔っぱらい、キッチンにあった包丁を持って客たちを追いかけ回すという珍事が、今月の初め、ブラジルのパライバ州で起こった。

ラム酒を飲んだサル

その飲み屋に入り込んだサル(オマキザル)は、客が飲み残したラム酒を飲んで酔っぱらい、その後、刃渡り約30cmの包丁を取って振り回しながら、店にいた男性客たちを追いかけ回した。(なぜかこの時、女性客は追いかけられることがなかったという)

消防隊が取り押さえる

客たちは恐れをなして店から逃げ出し、捕獲しようとした店のオーナーも刃物を持ったサルには歯が立たず、消防隊を呼ぶしかなかった。

「早い話、店のスタッフの管理不行き届きが原因でしょう。スタッフの目を盗んでサルがラム酒を飲み、包丁を取るに至ったというわけです」と、地元消防署のチーフであるソール・ローレンティーノさんは言う。

自然保護区に放たれたが…

下の動画は、消防隊によって飲み屋の建物から追い出されたサルを、客の一人が撮ったもの。包丁を屋根瓦に擦りつける様子が映っている。

この後、捕獲されたサルは自然保護区に放たれた。

しかしこのサル君、ほどなくして舞い戻り、近隣の人家を荒し回ったので再び御用となった。

消防署はサル君をもう一度自然に帰すべきか、それとも檻に閉じ込めておくべきか、どちらとも決められずに悩んでいる。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking