デンマークに世界初オープンした期限切れ食品専門スーパーが大人気

Text by

  • 49
facebook/WeFood

facebook/WeFood

デンマーク・コペンハーゲンに今週オープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパーマーケット「WeFood」が、行列ができるほどの人気となっている。

30〜40%の割安価格

世界初といえるこのスーパーは、デンマークでホームレスを支援する非営利団体Fødevarebankenと、キリスト教系の慈善団体DanChurdAidによるジョイントベンチャー。

売られているのは、賞味期限が過ぎ、消費期限が近づいている食品や、形が悪かったり傷があったりして他のスーパーでは売れないような商品だ。

WeFoodではこういった商品を30%〜40%引きで売っている。

ちなみに賞味期限とは「おいしく食べられる期限」であって、それを過ぎたものを売っても違法ではない。

毎朝、開店前から行列が

今月22日にオープンしたWeFoodは「すでに大成功」と、広報担当者は言う。

毎朝、開店前の店頭に「長い行列ができている」そうだ(上の写真)。店内は普通のスーパーマーケットと変わらず、顧客たちの表情は明るい。

facebook/WeFood

facebook/WeFood

facebook/WeFood

facebook/WeFood

Wefood

Wefood

Wefood

Wefood

Wefood

Wefood

facebook/WeFood

facebook/WeFood

環境食糧大臣も賛同

デンマークでは毎年70万トンもの食品が無駄に廃棄されている。デンマークの環境食糧大臣は、こうした「ばかげたこと」に歯止めをかけるWeFoodに賛同し、22日のオープニングセレモニーに出席した。

WeFoodは、今後、デンマーク国内に広く店舗展開していく予定だ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking