米フォーブスの世界長者番付に、19才の少女が登場!所有資産は約1,370億円

Text by

  • 0
Instagram/alexandraandresen

Instagram/alexandraandresen

3月1日に米フォーブス誌が発表した世界長者番付2016年版に、19才の少女が登場した。

高校を出たばかりで資産12億ドル

彼女の名前はアレクサンドラ・アンドレセンさん。ノルウェイの貴族の家系で、所有資産は12億ドル(約1,370億円)。フォーブス誌の長者番付で、1,810人中1,476位にランクされている。

長者番付に10代が登場したのは初めて。

ちなみに1位はビル・ゲイツ、2位はZARA創業者であるアマンシオ・オルテガ、3位はウォーレン・バフェットだった。

父の遺産を相続して

19才の彼女が12億ドルも稼げるわけはない。彼女は、父親が経営する会社の株式42.2%を譲り受けたため、今回、億万長者の仲間入りをした。

父親のヨハン・H・アンドレセン氏は、会社の株式の80%を2人の娘に譲り、アレクサンドラさんの姉であるカタリーナ・アレクサンドラさん(20才)も今回の長者番付に入っている。

A photo posted by Alexandra (@alexandraandresen) on

 菜食主義の乗馬選手

世界で最も金持ちのティーンといえる彼女の生活は、意外にもストイックだ。

海外ニュースメディアが伝えるところによると、馬場馬術の選手として日々練習に励み、ヴィーガニズム(純菜食主義)を実践している。

また、「今でも自分のお金は貯金しているし、お父さんからは『車を買うなら中古にしなさい』と言われる」そうだ。(下の写真は彼氏と2人で)

A photo posted by Alexandra (@alexandraandresen) on

 タバコで富を築いた一族

フォーブス誌によれば、アレクサンドラさんの一族はタバコの生産で富を築き、100年以上もノルウェイを代表するタバコメーカーを経営。2005年に、そのタバコ会社を5億ドルで売却した。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking