ヴァスコ・ダ・ガマの沈没船と財宝、オマーン沖で発見される

Text by

  • 1
esmeraldashipwreck.com

esmeraldashipwreck.com

16世紀ヨーロッパの探検家、ヴァスコ・ダ・ガマが率いた船隊の沈没船が発見されたことを、オマーン国遺産文化省が発表した。

3年の発掘調査の末

オマーン沖の海底にそれらしき沈没船があることは、1998年に確認されていた。

その後、オマーンの遺産文化省と沈没船の引き上げを専門にするブルー・ウォータリー・リカバリーズ社が協力し、2013年から発掘調査を開始、今回の発見に至ったとのこと。

大航海時代を先駆けたガマ

世界史の教科書にも登場するガマは、ヨーロッパからアフリカ大陸を回ってインドに行く、いわゆる西回り航路を発見した歴史上の重要人物。

彼のおかげで、その後ヨーロッパに大航海時代が訪れたと言えるだろう。

難破船はエスメラルダ号

ガマは1502年から1503年にかけて、2度目のインド航行を行なっているが、その際、率いていた船隊の1隻「エスメラルダ」号が沈没している。

今回発見された船は、その「エスメラルダ」号であることはほぼ間違いない。

引き上げられた数千点の遺物

現場から引き揚げられた数千点の遺物の中には、当時のポルトガルがインドとの交易のために鋳造した特殊な硬貨「Indio」があり、学者たちの間で話題になっているそうだ。

ちなみにこの「Indio」硬貨は、今回発見されたものを含めて世界に2枚しか現存しない。

また、発見された大砲用の石の砲弾に刻まれていたアルファベットのイニシャルが、エスメラルダ号の船長でありガマの親戚でもあったビセンテ・ソドレのものと同じだったことも、歴史家たちの興味を引いている。

遺物の科学的調査はまだ途中段階、今後さらなる発見が見込まれている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking