何これスゴイ!光を98%吸収する世界一黒い塗料が開発される

2016年03月17日 18時45分

2016年03月17日 18時45分

facebook/Surrey NanoSystems
facebook/Surrey NanoSystems

ナノテクノロジーを応用した製品を開発するイギリスのSurrey NanoSystems社が、光の98%を吸収する、世界で一番黒い塗料を発表した。

黒過ぎて立体物が平面に見える

「Vantablack S-VIS」と呼ばれるその塗料は、カーボンナノチューブの技術によって作られたもの。塗料そのものには、ほぼ全ての光を(99.956%)吸収する性質があり、物体に塗布した場合にも98%の光を吸収する。

surrey nanosystems

surrey nanosystems

まったく光を反射しないので、上の写真でも分かるように、空中に穴が開いたように見えてしまう。また、立体物にこの「Vantablack S-VIS」を塗ると、立体感が失われ、細部の見分けがつかなくなり、まるで平面上のシルエットにしか見えなくなってしまう。

facebook/Surrey NanoSystems

facebook/Surrey NanoSystems

光学製品、戦闘機への応用を期待

巨大な反射望遠鏡といえるハッブル宇宙望遠鏡の内部には、光の乱反射を防ぐために光吸収率の高い塗料が塗られているが、「Vantablak S-VIS」の光吸収率はそれの17倍。

開発者は、わずかな光の乱反射が致命的になる精密な光学製品や、軍用飛行機のステルス技術などに応用されることを期待している。

facebook/Surrey NanoSystems

facebook/Surrey NanoSystems

注目の記事