毎日歯磨きしないと癌発症リスクを80%も高めるらしいゾ(((゚Д゚))) 寿命も平均13年縮むらしい

Text by

  • 20
shutterstock_64638829

きちんと歯磨きしないと、歯の表面や口の中の粘膜についた細菌が増殖して、若いうちに癌を発症して死に至る危険が80%も増加することがわかった。

口の中が歯垢や細菌でいっぱいという人は、きちんと歯磨きしている人に比べて13年も早く癌で死亡する危険性があるらしい

歯垢を放っておくと歯周病を発症し口臭の原因となったり、歯茎から出血したり、悪化すると虫歯や歯茎の後退、歯が抜けるといった事態を招く。やがて歯茎の炎症が血管を通じて広がり、心臓病を発症することさえあるという。

癌の1/5は感染や炎症によるものとされ、予てより歯周病と癌との因果関係が指摘されていた。未だその因果関係は不明だが、この度スイスの専門家が興味深い調査結果を発表した。

1985年に当時30代と40代の男女およそ1400人をランダムに選び出し、お口の健康状態をチェックした上で24年間にわたる追跡調査を行った。2009年の時点でそのうち58人が死亡し、その中で35人が癌で死亡した。

死亡した人々に共通する特徴は、まだ生きている人達に比べて歯垢が多かったこと。数値を見ると歯の表面が歯垢で覆われている状態だそうだ。若い時期に癌を発症しなければ女性は平均で13年、男性は8.5年長く生きていたはずだという。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking