【知ってた】4人に1人が『マクドナルドはオリンピックの公式スポンサーにふさわしくない』と回答 英調査

Text by

  • 10
Ints Vikmanis / Shutterstock.com

Ints Vikmanis / Shutterstock.com

オリンピックが開催される度に、選手村に造られた広くて真新しい“マクドナルド”のブースが紹介され、「世界中に愛された味」というコメントと共にすっかりおなじみの光景となっている。

しかし言わずもがな、徹底した体作りが求められる超一流のアスリートと、高カロリーな不健康食の代表であるマクドナルドは誰の目にもリンクしない。

「マックやコカコーラはオリンピックのスポンサーとしてどうなのよ?!」という声は毎度世界中で上がっているらしく、英ニュースサイト『Marketing magazine』によると4人に1人の割合でマクドナルドはオリンピックのスポンサーとして“ふさわしくない”と答えたという。

一方コカコーラについて“ふさわしくない”と答えた人は10%にとどまったという。

ちなみにスポンサーにもっともふさわしいとされたのが“アディダス”で59%の人の支持を受けている。

ところがたとえ印象は悪くても、スポンサー協力の事実は人々の記憶にしっかりと刻まれるようで、コカコーラの42%に次ぎ、35%の人々が“マックがオリンピックのスポンサーであること”を認識しているというから、やっぱり五輪のスポンサーはやめられないだろう。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking