米出会い系サイト創業者が語る“普通の恋愛の条件10カ条” 「隣の芝は青くない」等々・・・

Text by

  • 24
shutterstock

shutterstock

誰もがロマンティックなお付き合いを夢見て、あれこれ妄想を膨らませているのではないだろうか?!しかし気が付くといつも、理想的な恋人関係を築く間もなく“THE END”を迎えてしまう。

毎度毎度恋がうまくいかないと、「私がおかしいんじゃないか?!」「私って欠陥人間?!」とのネガティブな考えに苛まれる。自分の恋愛のノーマル度アブノーマル度を測るには、周囲の友達や知人の恋愛と比べる他ないのだが、そもそも“普通の恋愛”とは何だろう?

「職業は仲人」と公言する、米出会い系サイトの創業者サマンサ・ダニエルズ女史が語る「普通の恋愛の条件10カ条」を以下のとおりご紹介しよう。

その1:恋愛とは難しいものである

「恋愛なんて簡単じゃん」とうそぶく人はうそをついているか、本当の恋愛をしたことがない人である。

その2:あなたと恋人が関係を続けていられる限り、その恋はノーマル

たとえ他人から見ておかしな恋愛でも、2人がOKだと思っていればまったく問題なし。

その3:結婚に縛られるな

結婚という形にこだわる必要はない。周囲からのプレッシャーに負けず2人にとってベストな付き合い方を続けるべし。

その4:子供が欲しければ産めば良い

最近はシングルマザー(ファーザー)は珍しくない。たとえパートナーと別れてしまっても、子供が欲しいと思ったらその気持ちに従うべき。

その5:周囲のカップルの真の姿を見抜く

身近なカップルをよくよく観察してみると、思っていた関係と違うことに気付くはず。完璧な2人なんていない。

その6:恋愛に関しては「隣の芝は青くない!」

どんなに理想的なカップルだと思っても、実際は大したことはないと心得よ。

その7:ないものを欲しがるよりも、今あるものに感謝する

恋人との関係についてよく考えてみて。どんなに自分が幸せか気付くはず。

その8:自分達の関係がおかしいと思ったら、2人で今より幸せになれる道を探す

自分自身の気持ちを大切にしよう。

その9:どんなカップルにも試練はある

けんかをしないカップルはいない。今大好きだと思っても翌日には顔も見たくないと思うのは普通のこと。

その10:あまりにも悲し過ぎる関係はもしかしたら普通じゃないかも

けんかや気持ちの行き違いは日常茶飯事。でも恋人といても全然ハッピーだと感じられないというのは普通ではない。

“普通”とか“おかしい”を決めるのはあくまでも自分達。外野の意見に惑わされず2人で幸せになるのが大切らしい。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking