社員の健康を守る理想的な職場 「デスクにルームランナーを設置」「立ったまま会議」等々

Text by

  • 16
psfk

psfk

1日中座りっぱなしのデスクワークも、危険を伴う肉体労働に劣らぬほど、心身の健康を損なう恐れありとの警告が後を絶たない。では、従業員の健康を守るためには、具体的にどうすればよいのか?!

そんな悩める経営者たちに向け、理想的な職場像が具体的にわかりやすく紹介され、注目を集めているという。革新的なデザインの情報を発信するサイト“psfk”によると、様々な職種や業種の人々に対応可能で、従業員のニーズに応えられる職場とは以下のようなスタイルだという。

まず比較的簡単に取り入れやすいのが、デスクにルームランナーを取り付ける策。

psfk

 日本ではまだなじみのない光景だが、アメリカではマイクロソフトやヒューレット・パッカード、デルやグーグルなど多くの企業でおなじみらしい。座ってダメなら立てばイイ!というわけで、社内のミーティングを立ったまま行う会社も少なくない。

また、人間工学的な見地から開発された斬新なオフィスチェア“スマート”がこちら。ユーザーが好きな態勢を維持して、筋力アップはもちろん集中力ややる気も増すという優れものだ。

psfk

更にもう一つ。前かがみになり座った状態を回避すべく、直立姿勢を維持するスツールも注目を集めている。

psfk

 社員の健康はもちろん、彼らのやる気まで高まれば会社としても願ったりかなったりだ。日本でも職場環境の刷新に乗り出す企業が増えることを願いたい。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking