【これはスゴい】白黒写真にしか見えないデッサン画がリアルの域を超えていると話題に!!

Text by

  • 10
dzimirsky.com

dzimirsky.com

誰が見てもモノクロ写真にしか見えないが、これらはあるアーティストが手掛けたデッサンである。

dzimirsky.com

この神業の持ち主Dirk Dzimirskyは、まずインスピレーションを得た写真から基礎となる構図を描き、そこに何度も何度も手を加え、リアルな肖像画を完成させるという。

単に写真っぽいリアルな絵というより、彼自身「見る人が描かれた人物の内面、感情をも感じ取れてしまうような作品を目標にしている」と語っているように、にじみ出る存在感がDirk Dzimirskyの作品がスーパーリアルと言われるゆえんであろう。

「ちまたにはフォトショップの手を借りた完璧な写真が溢れている。しかしあえて人間の不完全さを忠実に描くことで、作品を見てくれる人に正直に向き合いたい」と語るDzimirsky氏。水彩画や油絵ではなく素描にこだわるのも、その方が何層にも線や点を加えてリアリティーを再現できるらしい。

それでは個々の感情、存在までにじみ出てくる作品をじっくりご覧いただきたい。

dzimirsky.com

 

dzimirsky.com

 

dzimirsky.com

dzimirsky.com

dzimirsky.com

dzimirsky.com

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking