87歳のおじいさんが電動車いすで老人ホームから脱走 理由は「年寄りばかりでつまらないから」【イタリア】

Text by

  • 21
shutterstock

shutterstock

先日英国のご老人達が夜も元気いっぱいな様子をお伝えしたが、ところ変わってイタリアでは、元気なおじいちゃんが珍事件を起こしたのでご紹介したい。といっても主役のおじいちゃんが夜も元気かどうかは不明なので予めご了承いただきたい。

老人ホームで余生を過ごす人々は、さぞかしゆっくりのんびり過ごしているだろうと思われがちだが、Raffaele Panicucciさん(87)にはまだその生活は早かったようだ。真夜中に、伊Montemarcianoにある老人ホームを抜け出し、電動式車いすで自宅を目指して逃亡の旅に出たという。

2時間後、車いすで高速道路に入ろうとしていたRaffaeleさんを警察が見つけて無事保護した。幸いけがもなく、胸をなでおろしたホームの職員が脱走の理由を訊ねると「ホームは年寄りばかりで毎日同じことの繰り返し。退屈で死にそうだった。私は冒険がしたいんだ!!」と言い放ったらしい。

徘徊も疑われたが、夜中の3時に彼を目撃したドライバーが「じいさんからは並々ならぬ決意がみなぎっていた」と証言し、その線は薄いという。

結局ホームに連れ戻されたRaffaeleさんだったが、「話のネタに面白い冒険談ができた」とまんざらでもない様子だったという。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking