【妊婦必読】妊娠前から葉酸に加えてビタミンB12を摂取すると胎児の神経管欠損症のリスクをより減らせると判明 アイルランド大学

Text by

  • 2
shutterstock

shutterstock

妊娠を望むなら積極的に葉酸を摂取すべきこはよく知られているが、それに加えてビタミンB12も摂った方が良いことがわかった。

アイルランドにあるトリニティカレッジ、分子医学研究所のビタミン研究班によると「葉酸にプラスしてビタミンB12を摂取すると、子供の脊椎や中枢神経系の成長を促し、先天性欠損症になるリスクを減らしてくれる」と判明したらしい。

妊娠を希望している女性なら妊娠前から、妊婦であれば妊娠12週までに、毎日400マイクログラムの葉酸が必要とされているが、加えて食事の際1日2.5mcgのビタミンB12を摂取すべきだという。ビタミンB12は葉酸と共に摂取するとお互いの吸収率が増すらしい。

1000人に1人の割合で発症する神経管欠損症だが、妊娠前から適量の葉酸を摂取すればリスクを72%も減らすことができるが、ビタミンB12をプラスすることでより効果が上がるとみられている。また葉酸もビタミンB12も足りないと胎児が神経管欠損症になるリスクが3倍も増すという。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking