【学生必読】数学が苦手でもあきらめるな!!数学は頭の良し悪しではなくやる気と勉強法で伸びると判明 米大学調査

Text by

  • 3
shutterstock

shutterstock

私事だが小さい頃から数学が大の苦手である。今回ご紹介する調査結果がン十年前にわかっていれば、もう少し苦手意識を克服できたのでは?!と悔やまれる。というのも数学は頭の良し悪しではなく、本人のやる気と的を射た勉強法でグンと伸びることがわかったというのだ。

米カリフォルニア大学心理学科のムラヤマコウ氏らは、5年生~10年生の児童3,520人を長年追跡調査したドイツのデータを検証したところ、5年以上先の数学の能力を左右するのは本人のやる気と勉強法と知能であることがわかったらしい。更に頭の良さは幸先の良いスタートを切るのには有効だが、長い目で見るとそれ以上に純粋な意欲と的確な勉強法によって数学の能力を飛躍的に伸ばすことができるという。

今回の調査ではIQと数学の習熟度に関連性は見られず、将来数学が得意になる人は自信とやる気があり、物事を要約する能力や説明能力、複数のファクターをつなぎ合わせる力があり、丸暗記は苦手な人が多いという。現在数学が苦手という人も努力次第で得意科目になるかもしれない。私の代わりにぜひ頑張ってもらいたい!

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking