【正月太り対策!!】後ろ向きに走ると普通に走るより倍のカロリーを消費できると判明!!

Text by

  • 45
flickr_Studios-Peppo

flickr_Studios-Peppo

これから年末年始を迎え美味しいものを食べてゴロゴロする人が続出するだろう。正月明け、手っ取り早く太りすぎを解消するには後ろ向きランニングが良いらしい。

前を向いて走る場合人はかかとで地面を蹴り、地面を蹴り上げるときは親指の付け根にあるふくらみで負担を受け止めている。後ろ向きで走るとこれが逆になり、つま先で地面を蹴り上げることになる。これが効くらしく、体にいつもと違う筋肉の動きを強いることで30%余計にカロリーが消費できるらしい。

普通に走るときと同じスピードで走るといつもの2倍もカロリーを消費できるという。女性ランナーが6週間にわたり週3日、1日15分~45分後ろ向きで走ったところ、これだけの運動で体重が2.5%落ちたという。

ひざへの負担も少ないのでひざが痛い人にもお薦めだし、バランス感覚も養われるのでパーキンソン病の人にも良いらしいが、いかんせん後ろ向きである。くれぐれも前方、いやいや後方にご注意いただきたい。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking