抱きしめられるだけでストレスや恐怖、心配事がなくなると判明!!但し知らない人が相手だとストレスが増すらしいゾ

Text by

  • 31
flickr_LifeAsArt-Photography

flickr_LifeAsArt-Photography

恐怖や不安を抱えているとき誰かに抱きしめてもらうとそれだけで安心した、という経験はないだろうか?!子どもなどその最たるものかもしれないが、抱きしめているこっちまでちゃっかりリラックスしてしまうのは私だけだろうか?!

安心できる相手にハグされると脳下垂体からいわゆる“抱擁ホルモン”オキシトシンが分泌され、絆や社会的行動を高めたり、親子間やカップルの距離を縮める効果があるという。またオキシトシンは“愛情ホルモン”との異名を持ち、出産や授乳の際にも分泌され母と子の愛情を深める役割を担っているらしい。

オーストリア・ウィーン医大の神経生理学者Jürgen Sandkühler氏いわく、ハグの癒し効果についてはその時間や頻度は問題ではなく、肝心なのはお互いに対する信頼度であり、強い絆で結ばれた人同士であれば分泌されるオキシトシンの量も増えるらしい。同氏の行った実験では、オキシトシンの値が高い母親の子どもは同様にホルモンレベルが高かったという。

但し知らない人が相手だったり、互いに嫌々だったりする場合、くだんのホルモンの恩恵にはあずかれないという。それどころか普段保っている他人との距離感を妨害されストレスを感じるので注意が必要だという。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking