バターをマーガリンに替えると心臓病のリスクが2倍になると昔からわかっていた件:米研究所

Text by

  • 54
flickr_sustainableecho

flickr_sustainableecho

健康に悪いと言われるバターをマーガリンに替えよう!(または替えた)という人は少なくないだろう。かく言う私もそんな一人なのだが、これはもしかしたら誤った判断かもしれない。私たちは50年という長きにわたり、“動物性飽和脂肪酸を含むバターは不健康で、植物由来の不飽和脂肪からなるマーガリンは健康的”との誤った認識を刷り込まれてきたらしい。米国立衛生研究所は1966年~73年に行われた調査で、この常識を覆す事実が既に明らかになっていたことを今になって公表し波紋が広がっている。

以前豪シドニーで行われた調査は、当時心臓発作や狭心症を発症した30歳~59歳の男性458人を対象としたもので、そのうち半数の人が動物性油脂を控えるため、サフラワー油(ひまわり油に類似)由来のマーガリンに替えていたことが判明した。マーガリンを多く摂取していた人はそうでない人に比べ心臓病にかかるリスクが2倍に跳ね上がっていたとか。

同調査では“オメガ6ポリ(多価)不飽和酸脂肪酸”の摂取量のみに着目。“リノール酸”の名で知られるくだんの脂肪酸はコーン油やひまわり油、ベニバナ油、大豆由来のオイルといった植物油に含まれ、マーガリンはこれらの植物油から作られている。健康に良さそうなイメージとは裏腹に、体内に摂りこまれるとアラキドン酸という化学物質に変化し、炎症を引き起こす他の化学物質の分泌を促すという裏の顔を持っているらしい。今まで行方不明になっていたくだんのデータを検証すると、これが心臓病を含む生活習慣病の引き金になるという。

今回の発表に対して専門家の間では意見が分かれ賛否両論あるようだが、ネット民は以下のような判断を下したようだ。

  • うちのじいちゃんは毎朝トーストにバターをべったり塗って99歳まで生きた。
  • マーガリンは味がプラスチックっぽくって体に悪いと思ってたよ。
  • だからマーガリンは安売りしてんだな。
  • 私はバターも使うし、牛乳は脂肪分たっぷりのやつ、チーズもモリモリ食べるけど悪玉コレステロール値は平均値以下!

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking