痩せすぎは不健康!!H&Mの店舗に現実的な太ったマネキンが登場:スウェーデン発

Text by

  • 5
Womens-Rights-News/Facebook

Womens-Rights-News/Facebook

ガリガリに痩せたモデルやタレントが「痩せている=美しい」という誤った社会通念を生み出しているとして、アパレルメーカー“H&M”では母国スウェーデンの店舗に、ちょっとおデブといおうか身の丈に合ったといおうか、とても現実的なマネキンが登場した。

今回登場したマネキン、普通のマネキンに比べて足は太いしお腹もポッコリ出ているが、これが大半の消費者の現実の姿であり、世の女性たちにはこの姿こそ美しいと認識してもらいたいとか。通常のマネキンはアメリカンサイズで4もしくは6(日本では7号)なのに対し、くだんのマネキンは14(15号)とかなり大きめだが、これがスウェーデン女性の標準サイズらしい。

Womens-Rights-News/Facebook

より現実に即したマネキンを展示することで、女性たちに余計なプレッシャーを与えず、無理なダイエットに走らせるのを防ぐの目的だ。ぽっちゃりマネキンの画像がWomen’s Rights NewsのFacebookに掲載されるや、その日だけで5,000件の「いいね!」と15,000件の「シェア」が付き「これが健康的で本来あるべきBMIの姿!」と絶賛されたらしい。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking