これまでの常識覆す片頭痛の本当の原因を発見!!デンマーク医療機関

Text by

  • 158
flickr_allspice1

flickr_allspice1

多くの人を悩ませる片頭痛だが、これまでその原因は頭蓋骨の外側にある動脈が拡張するためといわれてきた。しかしデンマークにあるGlostrup病院のFaisal Mohammad Amin氏のグループがMRIを使い調べたところ、片頭痛時、実は動脈は全然広がっていないことがわかったという。

長年片頭痛に悩まされてきた人からは、「じゃあ、なんで頭が痛くなるのさ?!」という声が聞こえてきそうだが、同グループが片頭痛だけが悩みという視覚障害のない健康な女性19人に対し、頭が痛くなったときにすかさずMRI検査を実施したところ、血管周囲の神経線維の感度がものすごく上がっていることを発見した。

片頭痛は頭の片側だけが痛むのが特徴で、当初は頭痛がする側としない側を比較しようとの目的でMRI検査を実施。その結果、まずこれまで言われ続けてきた頭蓋骨外側の動脈は拡張しておらず、痛みのある側の頭蓋内の血管が若干拡張しているのが確認された。この時点で片頭痛治療薬として処方されるスマトリプタンなどは、残念ながら効果なしと判明。

同グループは片頭痛の本当の原因は血管を取り囲む神経線維の感度が高まるためと結論付けた。長年の常識を覆す今回の発見は専門家の間で波紋を広げているが、片頭痛の治療や薬の開発に新たな光明を見い出せるとして期待も高まっている。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking