世界一快適な空港に選ばれたシンガポール・チャンギ空港が一大レジャー施設と化している件

Text by

  • 70
rooftop_lantern

今やビジネス、観光の重要拠点として世界から注目されているシンガポール。その玄関口である“チャンギ空港”は、1日に13万5千人が利用する世界屈指のハブ空港として知られるが、何時間でも滞在できる快適な空港としても名高い。

英航空サービスリサーチ会社Skytraxにより世界一の空港2013”にも選ばれている。また米ニュースサイト“Business Insider”でも「まったく退屈せず何時間でも過ごせる快適な空港」と絶賛されている。

旅の疲れを感じさせない花や緑溢れる演出、便利な交通アクセス、くつろげる待合室といった基本を抑えた上で、屋外プールや庭園、映画館、ホテル、スパ、シャワーなど充実した施設が自慢だとか。空港とは呼べないような、もはや旅の最終目的地を思わせる驚きの施設をご覧いただきたい。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking