結婚するしないに関係なし 性交渉や旅行の回数を取り決めた“カップル契約書”が流行っている件

Text by

  • 16
flickr_Rio-Calle

flickr_Rio-Calle

日本でも最近結婚契約書なるものが散見され始めたが、欧米ではとっくの昔から結婚前に離婚後の財産分与などに関する契約が交わされてきた。最近では結婚するしないに関わらず、男女が2人の関係がどうありたいのかを示す“カップル契約書”が登場し流行っているという。

何についての契約かと思えば、週に何回セックスするとか、年に何回旅行するとか、浮気の定義など他人にはどうでもいいけど、2人にとっては大切な決まり事を予め弁護士立会いのもとで決めておくのだそうだ。米CBSの番組で紹介されたGregg SullivanとToni Mantus夫妻の場合は、旦那さんが妻に「一緒に過ごす時間を増やし楽しんでもらえるようデートを盛り上げることを誓います」と約束したとか。

わざわざ契約書にしなくてもと思うが「2人での生活を始める前に、どんなカップルを目標とし、2人の時間をどう過ごしていくのか話し合うのは大事」と弁護士のAnn Margaret Carrozzaさんは胸を張る。また結婚していないカップルにとっては、2人の関係性を示す大切な書類であるとも。参考までに、これまでに交わされたおかしな契約事項をご紹介しよう。

  • 旦那さんが家にいるときはピアノを弾きません。
  • 妻は緑色の服は絶対に着ません。
  • 妻の体重が77kgを越えたら夫に10万ドル支払います。
  • 妻は髪を切ってはいけない。
  • 夫は浮気したら妻に500万ドル支払います。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking