同じマンションでも高層階に住む人ほど長生きできると判明:スイス大学調査

Text by

  • 25
flickr_andrewasmith

flickr_andrewasmith

高層マンションでは購入者の間で部屋の販売価格が知れており、住むフロアによりマンション内で格差が生まれるなんて話を聞いたことがある。上層階ほどステータスも上がるというが、スイスのベルン大学の調べで、実際に上の階に住んだ方が健康的で長生きできることがわかった。

同大学が4階建て以上の建物に住む150万人以上の住民データを検証した結果、1階に住む住民が深刻な肺の病で死亡する確率は、8階以上の住民に比べ40%も多いという。心臓病の死亡率も同じく1階の住民の方が35%増、肺がんで死亡するリスクも22%アップするとか。上層階に住む住民が死亡率で上回るのは“自殺率”だけ。

理由を問わず死亡率だけをみても1階の住民は8階以上の住民に比べ22%上回っている。上層階に住む人ほど裕福で健康維持にお金をかけられるのも当然ある。他にも上層階の人ほど階段を使う機会が多くて健康的、また1階は大気汚染や車の騒音の被害をまともに受けているのが原因と結論付けられている。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking