脳内で価値判断と感情がせめぎ合い 米大学が衝動買いのメカニズムを解明

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

必要じゃないのに、また高いとわかっていてもついつい何かを買ってしまった経験は誰にでもあるだろう。そんな衝動買いは脳の同じ場所で感情と価値判断がせめぎ合っているために起こると判明した。言わずもがな感情が勝るため、要らないものを購入する破目に陥るというわけだ。

感情と価値判断を司っているのは、目と目の間に位置する前頭前野腹内側部という場所。この場所で一旦下された経済価値の判断を感情が歪めたとき、私たちは衝動買いという行為に走るという。米デューク大学Interdisciplinary Decision ScienceセンターのScott Huettell博士によると、前頭前野腹内側部ではこの商品は苦労して稼いだ給料をはたいて買うべきものか?」という価値判断が行われているが、ここに感情が待ったをかけるケースが多いとか。

これまでも神経経済学の分野では、大脳皮質で価値判断と感情を司っていることは知られていたが、両者の関係性は不明とされてきた。同氏らがMRIで観察し判明したというが、価値判断と感情がしのぎを削っているとき、前頭前野腹内側部は活発化するが、理性が感情を抑えるとその動きは沈静化、のぼせ上がった気持ちを抑えることに成功するのだという。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking