全てのインフルエンザに効果あり?!新薬を開発した17歳がGoogleサイエンスフェアの栄冠に輝く

Text by

  • 19
YouTube/Google-Science-Fair

YouTube/Google-Science-Fair

Google主催のワールドワイドなオンライン科学コンテスト“2013 Googleサイエンスフェア”で、10代の若きファイナリストたちが火花を散らした結果、インフルエンザの新薬を開発した、米カリフォルニアに住む17歳のエリック・チェン君が見事グランプリに輝いた。

チェン君と最後まで優勝を争った面々には体温で光を生み出したアン・マコシンスキーさん(16)、パトカーや救急車が渋滞に巻き込まれずに現場に急行出来るアプリを開発した、ビナイ・クマー君(現在15)が含まれている。13~14歳部門で優勝したクマー君は、自らが生み出したアプリケーションがすべての車に備え付けられ日を夢見ている。15~16歳部門での受賞者マコシンスキーさんは電池や動力を一切使わず、体温だけで発電するシステムを開発

そして17歳~18歳の部門で優勝し、全ファイナリストの中からグランプリに選ばれたのが、前述のチェン君だ。インフルエンザの新薬開発にはコストと時間がかかり、新型のウイルスが出現すれば世界的な大流行を招くのは既に体験済み。彼は“エンドヌクレアーゼ”と呼ばれるウイルスタンパクの生成を抑える化合物を発見し、新薬を開発した。これだとすべてのインフルエンザウイルスに効果があり、新型が出現する度に新しいワクチンを作り出す必要がなくなるとか。各優勝者には25,000ドルの奨学金が贈られ、グランプリに輝いたチェン君にはガラパゴスへの旅もプレゼントされた。

今すぐこの新薬を打つことはできないようだが、彼のおかげで新型インフルの恐怖に怯えずに済む日が来るかもしれず、頼もしい限りだ。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking