保育園で過ごす時間が長い子どもほど問題行動を起こしがち:英大学調査

Text by

  • 154
flickr_savanna-smiles

flickr_savanna-smiles

毎朝保育園にお子さんを送り届けてから出勤しているお父さん、お母さんに悲報が届いた。きっと誰もが「小さいうちから長時間親と離れて大丈夫なのか?」と悩み、罪悪感を抱えつつも背に腹は代えられず子どもを預けているに違いない。しかし残念ながら長時間保育園に預けられている子どもは、問題行動を起こす確率が高いことがわかった。

英オックスフォード大学では、近年増え続ける働く母親を持つ子どもに着目し調査を実施。同大学児童青年精神医学部のアラン・スタイン教授によると、1日のうち保育園で過ごす時間が長い子どもほど渦活動傾向にあり、更に保育士とベッタリの子どもは過活動傾向に加え友達とのトラブルも増えるそうだ。ちなみに友達とのトラブルについていえば、幼稚園や保育園で過ごしている子どもに比べ、祖父母に育てられた子どもほどトラブルに陥る確率は高いとも。一方、日本では珍しいが普段ナニーが面倒を見ている子どもは向社会的行動のレベルが高く、率先して他人を助けたいと思っているとの結果も出ている。

991家族を対象とした今回の調査結果は『Child: Care, Health and Development.』誌に掲載されている。調査開始時の子どもの月齢は生後3か月、出産時の母親の年齢は16歳~30歳。その後小学校に入学するまでの51か月間子どもたちを観察し、親や教師から子どもの行動面、感情面に関する聞き取り調査も行われた。

その結果、母親と過ごす時間の長さが子どもの問題行動に直結するわけではないが、保育園で過ごす時間が長い子どもほど問題行動を起こす確率が高いのは、母親や教師の目から見ても明らかだったという。但し家庭環境が悪かったり、親が育児に関心がなかったり、親自身がストレスを抱えている場合、子どもの感情面や行動に悪影響を及ぼすのは言うまでもない。「40歳まで子どもを産まず、やっと産んだと思ったら今度は保育園に預け放しなんて!!(怒)」との先輩ママからのキツ~イお叱りも届いているが、社会で戦うパパママたちは「一緒にいられる長さより中身が大事!!」と信じて、今日も保育園のお世話になるしかないのだろう。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking