幸せになりたいなら今すぐ断つべき7つの悪習慣

Text by

  • 60
flickr_Rafael-Chacon-Photography

flickr_Rafael-Chacon-Photography

知らず知らずのうちに自ら幸せになるのを妨げてはいないだろうか⁈ライフハックブログ“Marc and Angel Hack Life”から、幸せになりたいなら今すぐやめるべき8つのことをご紹介しよう。あなたの健康と幸せを蝕むであろう悪習慣に心当たりがあれば、今この瞬間に足を洗おう。

1.自分で何とかしようとする

物事にはどうにもならないものもある。そんな時は無理にあがいても自分が傷付くだけ。時には自然に成り行きに任せて。現実を受け入れてそこから前に進む術を探そう。

2.物事を複雑にする

自ら物事を複雑化させ混乱を招く人がいる。幸せはシンプルな生き方にこそ宿るもので、物は増やすのではなく減らしていこう。不要なものは捨てて、ネガティブな影響を与えるものは排除し、有害な人間関係は整理すべき。

3.ただ闇雲に突進する

ただ闇雲に突っ走った結果、ゴールで「こんなはずじゃなかった…」と後悔しても後の祭り。何が欲しいのか、なぜそれが欲しいのか書き出すと良い。自分の価値観に従って目標を決めていく中で、自分の本当の姿、生き方が見えてくる。

4.休まず突っ走る

自分の時間を丸々自分のために使える人はいない。仕事や義務、家族、友人などすべてがあなたを必要としている。そんな忙しさの中休まず突っ走るなんて無謀なだけ。休むことで成長できるし強くもなれる。仕事と休みが結果を生むのだから、ペースダウンして、深呼吸して、眠りましょう。

5.食べ物に無頓着

健康あっての幸せと成功である。体のために本当に必要とされる良い食べ物を摂取しよう。ベジタリアンになる必要もないし、無理なダイエットをする必要もない。栄養価の高い高品質な食事を心がけるべき。食べ物は機械や化学物質から生まれるではなく、大地から生まれるものであることを忘れずに。

6.自分の体に無関心

当たり前だが体があるから生きられるし、動けるし、考えられる。自身の体を大切にするか否かでクオリティ・オブ・ライフは大きく異なる。週に3日、15分運動するだけで寿命が3年延びるとのデータもあり、自身の体、命を大切にしよう。

7.やるべきことをやらない

成功するためにも、健康になるためにも、幸せになるためにも、やるべきことをやらなければ始まらない。怠け心というよりも、失敗を恐れつい尻込みしてしまう人が多い。あなたの力を活かせる場所はあるし、あなたを必要としている人がいる。自信を持って有言実行!!

≪関連記事≫

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking