意外⁈女性の昇進を応援しているのは男性の方と判明:米大学調査結果

Text by

  • 0
flickr_itupictures

flickr_itupictures

社会で益々活躍の幅を広げる女性を見て、男性たちはどう思っているのだろう?心から応援する人もいるだろうし、羨ましいと思っている人、女性に先を越されまいと焦っている人もいるだろう。しかしやはりと言うべきか、意外にと言うべきか、女性が目に見えない壁を突破し、昇進できるよう応援しサポートしているのは男性だと判明した。

米ミシガン州立大学スーザン・リンツ女史が、かつての社会主義国ロシア、セルビア、アルメニア、アゼルバイジャン、カザフスタン、キルギスタンで、6,500人の社員と700人の経営者を対象に行った調査によると、女性でもCEOにのぼり詰めることができるような会社に於いては、男性たちの仕事の満足度も高かったという。つまり会社のトップ人事が男女平等である会社は、女性のみならず男性にとっても満足度の高い企業というわけ。「会社としては、女性が昇進しやすい社風を確立することで、働く人々の仕事の満足度を高められ、それにより生産性は増し収入もアップする」と同女史。まさにウィンウィンである。

見えない壁が立ちはだかる中、出世階段を上る女性が世界的にも着実に増えている。そんな女性たちを尻目に、男性社員はさぞかしやっかんでいるのだと思いきや、女性が正当に評価されトップに就いている企業では、男性社員の満足度もまた高いとは意外だったそう。予想に反し?女性の上司の下で働くことを不満に思ったり、女性の出世が社内の競争意識に火を付けたとの見方を示す人はほとんどいなかった。男性たちは“女性が出世できるなら、自分たちにもそのチャンスがある”ととらえているに他ならないとか。

本心では「あいつができるなら俺にもできる」と思っているわけで、心中複雑であるようだが、いずれにせよ、男女が切磋琢磨していける会社で働ける人は幸せに違いない。

≪関連記事≫

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking