南アフリカ5つ星リゾート 貧困気分を満喫できる掘立小屋ホテルに非難轟轟

Text by

  • 1
shantytown4big_1258

昔ながらの合掌造りの家に投宿したり、モンゴルの遊牧民が使用するゲルに宿泊したりと、体験型の宿泊施設が人気と聞く。イロリオでも以前刑務所体験ができるホテルをご紹介した。そんな流れをくんでか、南アフリカの鳥獣保護区に建つ5つ星リゾート、Emoya Estateの一角にスラムをイメージした“掘立小屋タウン”が登場し、リッチな人々がこぞって訪れるという。

雨風をしのぐだけのあばら家で、電気も水道もない不便な生活を強いられるのは、言わずもがな普通は貧しい人々。わざわざ不便で厳しい環境に身を置きたいとの、金持ちの酔狂ぶりは時に理解を超えるが、掘立小屋タウンのあばら家がみすぼらしいのは見た目だけ。用意された52の客室は、リッチな宿泊客が貧乏体験を楽しむためのもので、安全であるのはもちろん、水道や電気にも不自由しないし、Wi-Fiだって完備されている。…って全然貧しさも体験できないじゃん!!とツッコミたくなるのは筆者だけではないはずだ。

インテリアも悪くないし、ベッドも清潔だし寝心地も良さそうだ。テレビも冷蔵庫もテーブルも椅子も揃っている上、床暖房ときた。

現地の貧困地域を真似たという掘立小屋タウンの宿泊費は、1泊80ドル(約8,123円)で、南アフリカの国民の1か月の賃金をわずかに下回る程の金額…もはや悪趣味である。当然非難の矢面に立たされ、各メディアから「やむを得ずこのような生活を強いられている人々に対して無神経で礼を失する」と集中砲火を浴びている。

しかしこれらの批判に対しても、同リゾートのオーナーたちはどこ吹く風、娯楽施設としてタイヤから作った炉辺や野外の簡易トイレを用意し、アフリカ体験を謳っている。この様なリゾートを建てる方も建てる方だが、利用する方も利用する方だと思うのは私だけだろうか⁈

≪関連記事≫

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking