冬こそダイエットのチャンス!!適度に寒いと体重が落ちやすい:蘭大学研究

Text by

  • 0
123RF

123RF

寒いからつい家の中にこもりがちになり、ヌクヌク、ゴロゴロしてばかりなのは私だけではないはずだ。しかしこの季節こんな過ごし方をしていては、せっかくのダイエットのチャンスを逃すことになりかねない。冬の寒さは痩せるにはもってこいだというのだ。適度な寒さに身をさらすのは健康に良い上、持続的に体重を落とすのに理想的だそうだ。

蘭マーストリヒト大学のWouter van Marken Lichtenbelt氏が奨めるダイエット法は、私たちの体自体に体温調節を任せるというもの。寒い季節、私たちは90%の時間を室内で過ごしており、そうなると部屋の中で健康的な室温を維持する必要がある。熱環境が人体に与える影響を考慮すると、適度に寒い環境にさらされていれば、それだけエネルギー消費量が増え、その効果は長時間持続可能だという。

同氏は既に10年ほど、この“適度に寒い温度”について研究を続けている。過去の調査で1日2時間、摂氏17度の環境で過ごすのを6週間続けると、体脂肪を減らせることがわかっている。また最新の調査では、人は徐々に寒さに慣れていくため、1日6時間寒さに身をさらしていても、10日も経てば摂氏15度以下でも快適だと感じるようになり寒さに震えることもなくなるという。

若者から中年の場合、寒さで震えない状態まで自身の体を温めるのに、私たちの体はエネルギーの30%を費やしているとか。室温を下げれば、それだけ自身の体が使うエネルギー量が増えるのは言うまでもない。人々の不満を買わないためにも、大抵建物の室温は高めに設定されている。オフィスも家庭も然り、病院やケア施設などでは特に顕著である。同氏は、肥満などの問題が増えた背景には、気温の変化にさらされる機会が減ったことも要因の1つと考えている。そのせいで私たちはちょっとした温度変化にも敏感になった、とも。

ただ、快適な環境に慣れすっかり軟弱になった体を鍛えなおすのは良いが、どうも風邪をひきそうで、家の設定温度を下げる勇気はなかなか出ない筆者である。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking