認知症対策にも良し 散歩は脳を若返らせると判明:米大学調査

Text by

  • 7
123RF

123RF

散歩は人を幸せにすると聞いたことがある。確かに気分転換にはもってこいだし、健康にも良いだろう。加えて散歩は脳にも良く、加齢による脳の委縮を防ぎ若返らせることすらできるという。散歩が脳を若返らせるには、週に3日は精力的に歩き回る必要があるが、そうすれば記憶を司る海馬が大きくなるそうだ。

米ピッツバーグ大学のカーク・エリクソン博士は55歳~80歳の男女120人を対象に週に3日、1回40分程キビキビと歩いてもらい調査を実施。通常脳は加齢により萎縮する。しかし1年後被験者の脳をスキャンしたところ、海馬を含む脳の主要部位が2%大きくなっていたと、米国科学振興協会の年次大会の席で発表した。

これは脳が2歳若返ったことを意味し、飛躍的な改善と言える。一方、1年以上ストレッチ運動を続けていた他の被験者のグループでは、脳内の同部位が1.5%委縮していた。同博士は「何も激しい運動をしなくても脳を若返らせる効果はある」として、適度な運動量で加齢時計を数年戻すことが可能と述べている。

運動は決して特効薬ではないけれど、認知症対策としても頭の冴えをキープするのに最良の策の1つであるという。デスクワークが主流の昨今、立って動き回る機会が減っている。高齢者をマラソンするよう駆り立てるのは難しいが、週に何日か適度な運動を促すことはできる。そうすればわずか数か月で飛躍的な改善が期待できるとのこと。こう言われれば重い腰をあげようという気になるまいか⁈

脳の委縮や認知の低下は避けられないと思われがちだが、今回の調査結果を見る限りそうとは限らず、修復も可能でそれには運動が最適というわけだ。運動を始めるのに早すぎることはないし、今更手遅れということもない。楽しんで続けられる自分に合ったエクササイズを見つけてほしい、また他の誰かと一緒に取り組むのも手だと、博士はアドバイスしている。「これ以上頭が大きくなったら転んじゃう!!」というネット民はさておき、早速散歩に出かけよう! 

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking