脳に魔が差す隙を与えない「テトリスはダイエットや禁煙、禁酒に効果あり」との英大学調査結果

2014年02月24日 11時30分

2014年02月24日 11時30分

flickr_WillowMonk
flickr_WillowMonk

以前、ゲームのテトリスが弱視に効くというニュースをお伝えしたことがあるが、テトリスはダイエットにも良いらしい。英プリマス大学のJackie Andrade教授及び博士課程の学生、Jessica Skorka-Brown女史によると、ダイエット中の人がテトリスをやると、脂っこい食事やお菓子への欲求が減るだろうとのこと。禁煙や禁酒にも効果が期待できるという。

しかもわずか3分間ゲームをやっただけで効果があるそうで、テトリスに気を取られて脳にお菓子やアルコール、タバコなどを思い描かせないのがその理由だ。実験中、被験者には欲求の強さ、鮮明さ、頭をよぎる度合を報告してもらった。半数の被験者がゲームが起動するのを待つ間、残りの半数にはテトリスを3分間プレーしてもらったところ、テトリスをやっていた人は、ただ起動を待っていた人に比べ欲求が24%少なかったという。

今回の調査結果を受け同教授らは、ダイエット中の人や禁煙中、アルコールを控えている人にとって、食べたい吸いたい飲みたいといった欲求を抑えるのに、テトリスは即効性があり手軽な方法だと考えている。教授らによると、ある欲求の出現は多くの場合数分間足らず。わずかな間に求めるものや、そこから得られる報酬を具体的に思い描くがために、結局誘惑に負けて控えているものを口にしたりしてしまうとか。その間テトリスで気を紛らわせれば、脳に対象物を思い描かせる時間を与えず、欲求は消えてなくなるという。

 テトリスじゃなきゃいけないのかは不明だし、「ダイエットに成功する頃にはゲーム中毒になってたりして…」と、ネット民から懸念の声もあがっているが、機会があれば試してみてはいかがだろう⁈

注目の記事