心臓病の予防効果に期待 米国でチョコレートの錠剤を使った大規模実験開始間近

Text by

  • 2
flickr_Chocolate-Reviews

flickr_Chocolate-Reviews

おやつの定番であるチョコレートが薬に姿を変え登場する日が近いかもしれない。中でもダークチョコレートの健康効果についてはイロリオでも度々取り上げてきたが、実際にどれだけの効果があるのか、一足先に薬となって実験に使用される。被験者にはチョコレートを食べてもらうのではなく、脂肪分と糖分を取り除いた“チョコレートの錠剤”が使われる。

米ハーバード大学の関連病院、Brigham and Women’s Hospitalの予防医学の専門家であるJoAnn Manson氏、及びHoward Sesso氏らは被験者を、チョコレートの錠剤もしくは偽薬を投与されるグループに分け調査を実施する予定だ。チョコレートのグループは、主にカカオに含まれるフラバノールから成る錠剤を2錠摂取し続けるが、血圧やコレステロール値、体内でのインスリン使用及び心臓の健康状態の改善が期待される。一方の偽薬はフラバノールを一切含まず、被験者本人も自分がどちらの薬を服用しているのかは知らされない。

健康効果が指摘されるフラバノールは、お店でお菓子として売られている形でしかお目にかかれない。そして残念ながらフラバノールは加工の段階で破壊されるのが常だとか。ついでと言っては何だが、がん予防に効果があるとされるマルチビタミンと偽薬を使用した実験も同時に行われるそうだ。くだんの実験はNational Heart, Lung and Blood Institute及び、スニッカーズやm&mチョコを手掛けるマース社の協力のもと行われ、延べ18,000人の米国人男女を対象にするそうで、現在広く被験者を募集している。

チョコレートの薬の効果はいかに⁈調査は3年かけて行われ結果が出るのは少し先だが、首を長~くして待ちたいと思う。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking