「親の厳しさと重すぎる愛で子どもはグレる」との調査結果

Text by

  • 10
123RF

123RF

「酒やたばこ、薬物に走らせたくないから、子どもは厳しくしつけている」という親御さんも多いだろう。しかし最新の調査で、そんな親の厳しさは逆効果であると判明した。

厳しすぎても甘すぎても子どもはグレる

厳しいながらも親の“愛情”が垣間見られれば話は別だ。しかし、European Institute of Studies on PreventionのAmador Calafat博士によると、ただ厳しいだけの独裁者、愛情のかけらも見えないようでは、子どもは道を踏み外す可能性が高いそうだ。

博士らが11歳~19歳の子ども8,000人を対象に、欧州6か国で行った調査によると、子どもに「きちんと規則を守らせること」はもろ刃の剣とも言え、厳しすぎてもダメ、また愛さえあればOKというわけでもないことが明らかに。

逆に親の愛情が息苦しさを感じるレベルまで達すると、薬物やたばこ、アルコールに手を出す確率が上がるという。

「厳しさ」と「優しさ」のバランス求められる

ちなみに子どもがグレにくいのは、分別があり明確なルールがあるものの威圧的ではない親だとか。

また子どもが抱える問題によって、親は干渉具合や厳しさを調節する必要があるとして、例えば「学校での成績が悪い」とか「自尊心を養いたい」場合、むやみに子どもをコントロールしない方が効果的、とも。

いずれにしても子どもを非行から守るには、親は「有無を言わせぬ厳しさ」と「甘さ」を使い分け、絶妙のバランスを保つ必要があるという。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking