【学生必読】授業中にネットをしてると頭の良し悪しに関係なく成績がガタ落ちする

Text by

  • 2
flickr_CollegeDegrees360

flickr_CollegeDegrees360

昔は「授業中マンガばっかり読んでたらバカになるぞ!」などと言われたものだが、今はインターネットがネックらしい。

授業中ネットばかりしていると成績が落ちる

スマートフォンはもちろん、タブレットやパソコンを教室に持ち込む学生も多いだろうが、使用は授業に関係することだけにとどめていただきたい。

米ミシガン州立大学のSusan Ravizza准教授らが500人の学生を調査したところ、授業中ネットをしている割合が高い学生ほど知的能力が低く、テストの点数も散々という結果に。

ちなみに過去の調査では「知力の高い人はマルチタスク能力にも優れており、滅多なことでは気が散らない」ことがわかっている。

頭の良い人も例外ではない

しかし今回の調査では知的能力の高さに関係なく、講義の間それとは無関係のネットをしていると、誰でも成績が落ちると判明した。

准教授らは「ネットの使用はマルチタスクの範疇から外れるようで、そちらにのめり込んでしまうのでは⁈」と分析する。

しかしスマホやその他の電子機器を講義に持ち込まないようにさせるのは不可能で、学生本人の良識に任せるほかないようだ。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking