「1日3時間立っていれば年に10回マラソンを走るのと同じ」と英専門家

Text by

  • 0
flickr_drewsaunders

flickr_drewsaunders

「どうしても運動したりジムに行くことができない!」という方、できるだけ立ったまま過ごすとそれなりの運動量に匹敵するらしい。

定期的な運動が難しければ、なるべく立つ!

英国では政府が「1日30分、週5日適度な運動をする」よう指導している。

しかし英Institute of Sport, Exercise and Healthのコンサルタント、Mike Loosemore博士に言わせれば、このガイドラインは現実的ではなく、実践するのが難しいケースが多いとし、かわりにできるだけ立って過ごすよう勧めている。

博士は「日々の小さな努力の積み重ねで、政府ガイドラインには及ばないまでも十分な健康効果が期待できる」とBBCの番組で述べている。

1日3時間立っていれば年に10回のマラソンに匹敵

例えば「人間立っているだけで、体を支えるため足はもちろん、全身の筋肉を使っている」として、「1日3時間、週に5日立っていれば、年に10回マラソンを走るのと同じ」だという。

日頃ちょっと気を付けるだけで心臓病や糖尿病、がんを予防できるだけでなく、コレステロールを減らし体重ダウンも夢じゃないとか。

何も3時間立ちっぱなしでいる必要はないようなので、通勤の際は座らないとか、電話の際は立つ、打ち合わせは立ったままでなど工夫してみてはいかがだろう⁈

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking