「年をとっても精子の質は“落ちない”」との英調査結果

Text by

  • 3
shutterstock

shutterstock

卵子の機能は年齢と共に衰えるが、精子はそうではないようだ。

若い人に負けない生殖機能

英不妊治療専門病院、Newcastle Fertility Centre at LifeのMeenakshi Choudhary氏が、不妊治療に使われた精子のデータを分析したところ、若い男性の精子と比べ、中年男性の精子も十分、いやそれ以上の生殖能力を発揮していた。

同氏いわく「少なくとも45歳男性の精子であれば、不妊治療の結果にほとんど影響しない」という。

出生率では20代男性に勝利!

調査では1991年~2012年にHuman Fertilization and Embryology Authorityに提供された23万件のうち、体外受精及び人工授精に使用された39,282人分の精子のデータを使用。

まず女性が体外受精を行った場合の生児出生率は、20代男性の精子では28.3%、40代男性の精子では30.4%と、40代男性が上回っている。

また精子提供による人工授精でも、20代が9.7%で40代が12%と、ここでも若い人の精子よりも良い結果に。

これを受け同氏は「男性の年齢が上がっても、出生率が下がることはない」とし、「精子の質は年齢とは関係ない」と述べている。

尚同調査結果は、独ミュンヘンで行われたEuropean Society of Human Reproduction and Embryologyの年次総会で発表されたものである。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking