ネットを使わない男性には“ポッチャリ女性”がモテることが判明

Text by

  • 1
123RF

123RF

もはやネットが普及する前、自身の“タイプ”がどんなだったか覚えている人は少ないかもしれないが、インターネットやSNSは好みの異性にも大きく影響するらしい。

男らしい男性、女らしい女性に惹かれるように

英セント・アンドルーズ大学の心理学者、Carlota Batres氏によると、ネットやSNSを頻繁にやっている人は、男らしい男性、細くて女らしい女性が好みであることがわかったという。

調査はインターネットが普及していない、エルサルバドルで69人の男性と83人の女性を対象に実施された。被験者のうち、自宅でネットができる環境にある人は男性31人、女性40人にとどまった。

インターネットが好みのタイプや、ポッチャリさん好きにいかに影響するか調べるべく、被験者には様々な人の写真を見てもらい、その魅力をランキング付けしてもらった。

本来は優男、ポッチャリ女性がモテる

その結果、ネットユーザーのグループでは男らしい男性、細くて女らしい女性をより魅力的としていた一方、ネットをやったことがない人々は、優しそうな男性、ポッチャリした男勝りの女性を魅力的ととらえる傾向にあった。

同氏らはこの違いを「ネットでメディアにさらされているかどうかによる」と説明。

ネットでは広告などで、たくましくて男らしい男性や、女らしい華奢な女性が多く登場するため、そちらに目が慣れてしまうというわけ。

尚、エルサルバドルでは家にインターネットがない場合、水道も通っていない家庭が多い。「食糧供給が安定しない環境では、“太った女性”こそ魅力的とされる」のが事実であることも併せて証明された。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking