「きょうだい」にいじめられると将来「うつ」になるリスクが2倍になる:調査結果

Text by

  • 0
123RF

123RF

兄、弟、姉、妹…何でもいいが、どんなきょうだいにもけんかは付き物だろう。しかし、「けんか」の域を超え「いじめ」に発展すると、長期にわたり深刻な影響を及ぼすようだ。

英オックスフォード大学Lucy Bowes博士によると、幼い頃きょうだいから頻繁にいじめられていた子どもは、大人になったときにうつ病になるリスクが高いという。

「うつ」のリスクは2倍に

博士らは12歳の子ども7,000人を対象に調査を実施。きょうだいからいじめ、例えば心ないことを言われたり、ぶたれたり、無視されたり、嘘をつかれたりしていないか尋ねた。

6年後、子どもたちが18歳になったとき再び調査を行い、彼らのメンタルヘルスをチェックした。

その結果、12歳の時点で「週に何度もきょうだいからいじめられている」と答えていた子どもは、当時いじめに遭っていなかった子に比べ、いじめの被害者はうつや自傷行為、不安神経症などに悩む割合が2倍にのぼったとか。

また、きょうだいからいじめられた人たちの中で、うつを発症している人は12.3%、自傷行為が14%、不安神経症が16%という結果になったという。

いじめに遭いやすいのは女子

博士いわく、被害者が受けた「いじめ」はきょうだい同士のからかいの域を超えたものとし、こうしたいじめに遭うのは男子よりも女子の方が多いとのこと。

きょうだいが3人以上の場合に多く発生し、大抵「上のお兄ちゃん」がいじめの首謀者となり、平均して被害者が8歳頃になるといじめが多発し始めるそうだ。

博士らは更に調査を続けるとした上で、世の親たちに対し、子どもの話をよく聞くよう注意を促している。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking