ネットで出会ったカップルは破局しやすいとの調査結果

Text by

  • 0
123RF

123RF

出会いを求めるならネットより、友人や親や親戚を頼った方が良いのかもしれない。というのもネットを介して出会った男女の未来は、そう明るくないらしい。

米ミシガン州立大学のAditi Paul女史によれば、出会い系サイトなどオンライン上で出会った男女は、従来どおりの対面式の出会い(お見合いや友達の紹介含む)で知り合った男女に比べ、破局する割合が高いという。

結婚までたどり着きにくい

同女史は男女4,002人を2009年~2013年にかけて追跡調査したデータを検証、うち3,009人が夫や妻、真剣に付き合っている恋人がいたが、知り合ったきっかけがネットという男女は、ネット以外で出会った男女に比べ、結婚までたどり着く割合が低くかった。

たとえ結婚までこぎつけたとしても、未婚のカップル同様、オンライン上で出会った夫婦は離婚に至るケースも多かったという。

破局しやすい原因

カップルが結ばれるかどうかは、オンラインかオフラインかという出会い方の違いの他、付き合いの中身と期間によるところも大きいとか。

出会い系で手軽にパートナーをゲットするためか、ネットを通じての出会いでは「2人で共に困難を乗り越える」といった機会も覚悟も少ないのが、破局しやすい原因の1つと同女史は分析する。

そもそも出会い系でパートナーを探している人で、真剣に結婚を考えている人は少ない、とも。

またネットで公開しているプロフィールには「うそ」も多いことから、同女史いわく「真に2人が理解し合うには長い時間が必要になるのでは?」ということらしい。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking