【動画】生放送中にワンコが大暴走!気象予報士が餌食にwww

Text by

  • 1
YouTube/Global News

YouTube/Global News

視聴者にわかりやすく天気予報を伝えるというのは、結構難しい仕事なのかもしれない。特に珍客を迎えたとあっては…。

先週の金曜日、カナダで放送された「Global Edmonton Morning News」では、ペットの里親を斡旋する慈善団体、Edmonton Humane Societyの取り組みを紹介した。

ところが続く天気予報は、同団体を代表し、視聴者に里親募集を訴えたマスチフの雑種、リプル(1歳半)の独壇場と化す。

いつも通り順調に今日のお天気を伝えるキャスターのマイク・ソーベルさん。リプルもまだおとなしく?リードをガジガジ噛んでいるだけ。

しかしキャスターのリードを握る手に力が入ったあたりから、次第に雲行きが怪しくなっていく…。

YouTube/Global News

生放送であることも、キャスターの「お座り!」の声も完全スルーのリプル。ソーベル氏にまとわりついたり、リードを取り返そうとしたり、やりたい放題だ。周りのスタッフのものと思われる笑い声も漏れ聞こえてくる。

しまいにはリードを噛み切ってしまったリプルに、ソーベルさんもあ然。

YouTube/Global News

これで遊び心に火が付いたのか、ソーベル氏はこの後も犬にもてあそばれ続け、スタッフからも笑われ続ける。

それでも懸命に、いや、半ばヤケクソで天気を伝えるが番組はグダグダ、誰も天気予報など聞いちゃいないであろうことは言うまでもない。

「犬と一緒に天気予報をやってはいけない」との教訓を与えてくれた同番組がこちら↓

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=0ntWcpw0esE[/youtube]
Global News

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking