整形?それとも老けただけ?ハリウッド女優の豹変ぶりにファン騒然→本人が弁明コメントを発表

Text by

  • 0
@MIEnewspaper/Twitter

@MIEnewspaper/Twitter

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』や『シカゴ』などで主演をつとめ、2003年に公開された『コールドマウンテン』ではアカデミー助演女優賞を受賞したレネー・ゼルウィガー。

演技派女優として知られるハリウッドスターの1人だが、去る10月20日、女性誌『ELLE』が主催する「21st annual Women in Hollywood Awards」に姿を現し、世間に衝撃を与えた。

1年前と違いすぎる顔面

久しぶりに公の場に現れたレネー。45歳とは思えないスレンダーな体型は変わっていないが、その見た目は明らかに以前と違う…。1年前の写真と比べると一目瞭然。別人のようになっていたのだ。

これを見たメディアやファンからは、「老けすぎだろ!」「誰だよ!」とその豹変ぶりに困惑する声が。

「ワオ!誰だかわからない!」

「一体全体何が起きたんだ?」

「あれはレネーじゃない」

人気女優のあまりの変わりっぷりに、ついには「美容整形に失敗したのでは?」との疑惑まで取り沙汰される騒動に発展。各メディアが、レネーの過去の写真を引っ張り出して比較検証をおこない始めた。

見た目が変わったのは「幸せだから」

これを受け、たまりかねたレネーが米『PEOPLE』誌にコメントを発表。

本人いわく、「見た目が変わった」と言われて「嬉しかった」そうで、「変わったのは、私がこれまでとは違い幸せで、満ち足りた生き方をしているから。それがあらわれたんだと思うわ」とのこと。

整形疑惑は完全否定

また、「以前は仕事に追われ自分自身をケアする時間もなかったが、恋人の尽力もあり、その様な生活を改めた」といい、「友達は穏やかで健康的になったと言ってくれる」とか。

今後は「静かに、家を大事にし、誰かを愛し、新しいことを学び、クリエイティブな人間として私自身成長できればと思っている」とのことで、「確かに見た目は変わったかもしれない。でも、年をとればみんな変わるでしょ」と整形疑惑を否定した。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking