不妊のせいで4割の夫婦に亀裂が生じているとの調査結果

Text by

  • 0
123RF

123RF

2人の愛の結晶が欲しくて努力しているはずが、そのせいで夫婦の関係に亀裂が生じるなど本末転倒だ。しかし、悲しいかなそれが現実であるようだ。

子どもを望むのであれば、仲の良い2人でいるべきなのは言うまでもないが、不妊に悩む夫婦の4割近くがもはや「セックスを楽しめない」と考えていることがわかった。

不妊で生じる亀裂

英国では10月27日~11月2日を「National Fertility Awareness Week(不妊認知週間)」と名付け、赤ちゃんが欲しくてもできない「不妊」への理解を深めようとの試みを実施。

それに合わせ、1年以上妊娠するために努力を続けている男女500人を対象に調査を行った結果、2人の間に以下のような歪みが生じている事実が明らかになった。

  • 不妊によってパートナーとの間がギクシャクし出した(48%)
  • そのことでけんかが増えた(41%)
  • そのせいで2人の関係に亀裂が生じた(24%)

1/3の人が「妊娠するには2人の愛情が大切」だと認識しているものの、5人に1人は「性交渉は排卵日だけ」と回答。不妊が夫婦に与える影響の大きさが、改めて明るみに出た。

生きる目的を見失うことも…

当初は純粋に「子どもが欲しい」と思ってチャレンジするが、長期間妊娠できないと「ストレス」や「うつ」を感じるようになり、次第に「失敗」「生きる目標がない」「相手に捨てられるのでは?」と思うようになるとか。

また、子どものいる友人を避けるようになったり(57%)、公園(42%)やショッピングセンター(37%)といった、家族連れでにぎわう場所から足が遠のくなど、交友関係や出かける場所にまで影響を及ぼすそうだ。

不妊問題を専門に扱うInfertility Network UKの最高責任者、Susan Seenan女史は同調査結果を受け、「この機会に不妊に悩むカップルの精神的サポートはもちろん、他の選択肢もあることを伝えていきたい」と述べている。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking