【ほっこり】病気で足が不自由になったカメ、レゴ製の車椅子で歩けるように!

Text by

  • 0
YouTube/RuptlyTV

YouTube/RuptlyTV

今ある1匹のカメが、多くの人々の同情と興味を一身に集めている。

ブレイドという名の野菜や果物、散歩が好きなごく普通のギリシャリクガメだが、ただ1つ、他のカメと違うのは代謝性骨疾患のため足が不自由な点。歩くことができず、自らの甲羅を支えることもできないという。

「病気のため甲羅の重さに耐えられず、それを支えるだけの筋力を失っている」と判断した、獣医のカールステン・プリシュケ氏は、息子のLEGOブロックを拝借し、ブレイド専用の車いすを用意することに。

車輪を含むLEGOのピースをお腹にのり付けすることで、ブレイドはまた以前のように、大好きなエサの所まで自らの足で向かうことができるようになった。

YouTube/RuptlyTV

詳しくは以下の動画をご覧いただきたい。獣医のナイスアイデア!のおかげで元気を取り戻したブレイドの姿は感動を呼び、同動画は先月初めの公開以来、再生回数は既に110万回を超えている。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=UyuEuS4JPtw[/youtube]
RuptlyTV

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking